第2回マイクロマシン絵画コンテスト(1995年) 全入選作品

(敬称略;学校名、学年は当時のもの)
 小 学 生 作 品
最優秀賞 みずみまできれいにする歯みがき機
杉浦 彩子 (富士松南小学校(5年))
---------
ハブラシでは、なかなか汚れがとれません。歯の間にはさまった汚れや、奥歯のくぼみにたまった汚れを取る小さな機械を考えてみました。
 
← 左の絵をクリックすると拡大します。以下同じ。
一等賞 スネークレスキュー
鈴木 啓介(住吉小学校 6年)
---------
震災にあって家の下敷きになった人見つけ、頭に付いているカメラでテレビに映してれる。人間の目より早く、正しく下敷き"の人を見つけだしてくれる。
二等賞 ゴミ取り金魚
西田 綾子(並木小学校 6年)
---------
水槽の水に入れておくだけで、ゴミやきたない汚れを取ってくれる、とっても便利な金魚です。
二等賞 辞書引きくん
小海 知紗(並木小学校 6年)
---------
辞書を1度読ませると、マシーンがインプットする。引きたいことを言うと探し出してれる。何度でも使える。
三等賞 体の中で手じゅつしちゃう君
小林 夏樹(並木小学校 5年)
---------
ラジコン式で最新の手じゅつ用道具をとりこんでいる。名前の通り体の中で手じゅつをする。
三等賞 殺虫鬼ん(サチュウキンん)
丹羽 稔(双葉小学校 6年)
---------
虫を探して殺す。
三等賞 トラッンペットクリーナー
守谷 瑠奈(衣浦小学校 6年)
---------
トランペットの管の中の方は、そうじがしにくいので、小さな虫たちがそうじしてくれると助かると思いこの絵を描きました。
佳作 機械を修理するマイクロマシン
飯田 聡(並木小学校 5年)
---------
とても小さいので、すごく小さな穴でも簡単に入れる。手がいろいろな道具になるので、とても修理がしやすい。暗い所では、ライトを照らす。とても小さなすごく高度なLSIを使っている。
佳作 マイクロビューティーマシーン
榊山 季実代(衣浦小学校 6年)
---------
これは、顔のそうじをしてくれる機械です。この機械が走っていく間に、最初に水をまき次に液体石鹸を流し、その次にスポンジできれいに洗い、水で流して、最後にタオルでぬれた所をふいてくれます。
佳作 虫歯をなおすハミガキ形小ぞう君
杉本 阿希恵(衣浦小学校 6年)
---------
この絵は歯医者さんになかなかいけなくて困っている時や、小さい子や、歯医者さんが大きらいな人などがこのハミガキ小ぞう君を使うと、痛くなくすぐに虫歯がなおるというマイクロマシン。
佳作 退 治 君
井野 麻衣子(衣浦小学校 6年)
---------
夕方外にいる時「蚊」がよってくるので、それを退治してくれる。
アイディア賞 たねやたまごを運ぶわたり鳥
近藤 由貴(亀城小学校 5年)
---------
わたり鳥に、花のたねや魚のたまごをマイクロマシーンの力で育つような加工をして、遠くへ運ばせる。日本中を花いっぱいにしたり、海には魚やエビやカニがいっぱい泳いでいるようになるといいなあ。
アイディア賞 イコールキー
浦本 恵里(熊西小学校 6年)
---------
私は、すぐに家の鍵をなくすのでこれを考えました。手と玄関のドアにマイクロマシンをつけて、2つひっつけたらドアがあきます。トッテもないし鍵穴もないので、ドロボウは入れません。オートロックになっています。そのマイクロマシンはホクロ位の大きさなので、誰にも分かりません。同じ番号どうしでないと開きません。
 中 学 生 作 品
最優秀賞 ボールになっちゃった
野村 栄里(刈谷南中学校2年)
---------
私は、野球などをテレビで見ていると何か物足りない気がした。私たちがボールの視界になれたらスリルがあると思った。だからボールに特殊なカメラを使えば、テレビを見ている人にスポーッのスリルやおもしろさがわかってもらえると思う。
一等賞 地球環境観測ロボット (GE-NOMI) ジェノミ
森田 香菜子(竹園東中学校2年)
---------
地球環境問題を解決するためのデータが不足しているようです。このジェノミは、鳥・魚・陸上動物などあらゆる動物の体にノミのようにくっつき、空気・水・動物の状態を、電波で世界中から研究所などに送ります。
二等賞 受粉マシン 働きみつばちくん
伊藤 加奈子(富士松中学校2年)
---------
このマイクロマシンは、現在はミツバチや人間がやっている果物をつくるための受粉作業を代わりにやってくれるミッバチ型マイクロマシンです。利点は、①リモコンで自由に動かせる②自分の都合の良いときに受粉できる③全ての花に受粉できる。
二等賞 ミニ クリーンマシーン
加藤 夏樹(刈谷南中学校2年)
---------
細かい所まできれいに掃除できる。
三等賞 いたんだ髪修復マシン
寺澤 弘陽(竹園東中学校2年)
---------
主に枝毛をなおす機械です。トリートメントあり。~装備~電源は太陽電池タンパク質修復液一開いた毛を浸ける時に使うボンドアンテナー電波で操るその他一マシン内で髪質をチェックでき、センサーでほおっておいても次から次ぎへと痛んだ髪を治していく。
三等賞 声帯変化機
磯村 亜希子(雁が音中学校3年)
---------
動物の声を人間の声に変えるものです。アンテナで思っていることをキャチして人の声に変えます。
三等賞 超音波害虫キラーマシーン
井上 雄史(刈谷南中学校3年)
---------
この害虫キラーマシーンは、超音波によって害虫を寄せ付けなくするマイクロマシーンです。未来で無農薬の野菜をつくるために役立つと思います。
佳作 かびとり君
横山 千影(富士松中学校1年)
---------
私はお風呂に入っている時、カビがとても気になり、このカビが簡単にとれないかなあと思い、このかびとり君を考えました。アンテナの先についているカビセンサーでカビがどこにあるか見つけ、目のようになっているセンサーで見ながらそうじする。かび取り液は、かびとり君がおなかの中でつくり、その液を口からふきだし、おしりでふいて汚れをすいこみ分解し、その分解したものでまた、かびとり液をつくります。こうして一日中働き続けます。
佳作 蚊取り太郎
三浦 英生(富士松中学校1年)
---------
アレルギー体質でもOK。チタン合金30日蚊を殺します。足は丈夫なブルーダイヤモンドこの蚊取り太郎を数匹部屋の中に飛ばしておくだけで、本物の蚊を取ってくれるので蚊にさされることがありません。
佳作 探 し 丸
鈴木 幸子(富士松中学校3年)
---------
この探し丸は、コンタクトや指輪などの小物をインプットされた文字だけで理解し、探しだします。下には車輪がついていて、小物をつかむと上のランプが点灯するという仕組みです。
佳作 ハチドリマシーン
伊奈 幸恵(竹園東中学校2年)
---------
ハチドリをたくさん使って花の蜜を運ばせ、ビンまでもっていかせます。ハチみつは、ハチがもってきます。それを私はハチドリにして、リモコンで操るのです。
佳作 花粉を付けるロボット
池田 安由美(引野中学校1年)
---------
ミクロのこのロボットが人の代わりに1個1個花粉を付けていく。
アイディア賞 昆 虫 治 療
村瀬 司(刈谷南中学校3年)
---------
人間ではとても難しい虫の治療も、マイクロマシンさえあれば簡単に行うことができる。これで虫も長生きできるようになる。
 

一般財団法人マイクロマシンセンター  サイトマップ  センターアクセス  お 問 合 せ 
Copyright © Micromachine Center. All rights reserved.