第7回マイクロマシン絵画コンテスト(2000年) 全入選作品

(敬称略;学校名、学年は当時のもの)
 小 学 生 作 品
最優秀賞 ハムスターの生活にコンピューターかく命がやって来た
伊藤 愛美(つくば市立沼崎小学校5年)
---------
小動物の住みたい家を何体かのロボットが作ってくれる。ハムスターの場合はハムスター語(ハムスターせん用)パソコンで作りたい家をせっけいして電波でロボットにおくる。また住みごこちのよい所を自動で計算して作ってくれる。
 
← 左の絵をクリックすると拡大します。以下同じ。
一等賞 マイクロ火山噴火予測機
松本 志郎(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
最近駒ヶ岳やお山とかが噴火しているのでマイクロ火山噴火予測機を考えました。
二等賞 完熟フルーツ君
中村 公香(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
果物をおいしく食べられるといいなと思って、このマシーンをかきました。
二等賞 予防注蚊マシン
沓野 慧子(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
人間のキズロ・けっかんなどから液を入れなおす。まったく痛くないので注射がキライな子供も大人もOK!
二等賞 にじつくり機しず君
芦田 綾(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
虹をあまり見たことがないのでいつも好きな時に見れたらなと思いました。
三等賞 ラクラクじゅふん機
田渕 竜太(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
花の受粉をしてくれるロボット アブラムシや花をあらす虫からまもってくれる。
三等賞 未来のスケジュール帳
白井 真奈美(千代田町立下稲吉小学校6年)
---------
イヤリング型のスケジュール帳。イヤリングに向けて時聞とスケジュールを言えばその時間になったらおしえてくれる。ソーラーパワーだからじゅうでんなし。時問を朝にしとけば目覚ましがわりにもなる。
三等賞 どくガスたんちきとホリススム
戸柱 佑紀(千代田町立下稲吉小学校6年)
---------
ホリススムがドリルであなをほり、どぐガスたんちきでどくがでていないか調べる。たまにホリススムがきょうりゅうの骨にぶつかりしらせてくれる。
佳作賞 リモコン付・歯みがき・治りょう機
西井 さつき(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
歯医者に行かないでもボタン1っで歯をみがいたり、治りょうをしてくれる。歯にしげきをあたえにくいので、あまりいたくたい。
佳作賞 毛穴に直撃!発毛剤直入マシン
沼田 祐子(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
空中から「ハゲ」の人を探します。そして「ハゲ」の人の豆の毛穴に注射し、毛を生やします。
佳作賞 望遠鏡式メガネ
本田 香澄(千代田町立下稲吉小学校6年)
---------
レンズの横で倍率を調整すると、「液体レンズ」にカが加わり、レンズのあつみが変わり、遠くのものまで見えるようになる。
アイデア賞 植 物 博 士
赤塚 千恵(武蔵野市立大野田小学校6年)
---------
分からない草や花が出てきたとき、このマイクロマシーンをとばすと、その植物の名前や特ちょうを教えてくれる。
佳作賞 アンテナ-カメラ(第一・第二)
中山 千豊(市川市立八幡小学校4年)
---------
鳥の巣の中などに入れて、かんさつする。リモコンでそうさできる。第一は首がうごいて第二はのびちぢみできる。
努力賞 テトピューター
野堀 健太(つくば市立沼崎小学校6年)
---------
精密機械の中に入りこみどんな細かいところにも修理してくれるマイクロマシンです。遠かく操作で自在にあやつることができます。
努力賞 しんぞうちりょうロボット
王 俊傑(川崎市立御幸小学校5年)
---------
このロボットはしんぞうの悪い所へ行き治す。そしてアンテナで本人や病院に伝たえる。あとしんぞうのかわりに機能してくれる。
 中 学 生 作 品
最優秀賞 マイクロメダカ
橋本 笑子(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
汚れてどうしようもなくなった河川に放流して環境を良くするメダカです。外からの見た目は自然のメダカと同じ。自らゴミや有害物質を見つけて、体の中で分解し自然にやさしい物質に変えて排出します。
一等賞 地雷探知機・除去マシン"PARA"
淡路 晶子(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
簡潔にいうと、これは地雷を見つけ寄生して、花を咲かせるのです。そういう感じです。新聞で地雷てっ去遠隔操作のロボットのコトがのってて、どうせだったら小さな機械で内側からこわしたらどうだろうと思って、わずかな刺激でも作動する地雷でもマイクロマシンのような大きさなら大丈夫かもしれないと期待し、考えました。
二等賞 ダイオキシン除去マシーン
渡部 貴子(刈谷市立刈谷南中学校3年)
---------
現在、世界各地で環境問題が問題になっている。その中でも人を死においやってしまうダイオキシンをどうにかしてださないようにしたいと思い考えつきました。環境問題ということで地球にやさしいソーラー電池を使用したり、体内でダイオキシンを酸素にっくり変えるようなマシーンにしました。そんな少量のダイオキシンでも探知機で見つけ出し、数値をその場で測定し、記憶します。この世界からダイオキシンを消しさり、人々が安心して生活を送れるようにしたいです。
二等賞 ウォーキングフラワー
戸田 早紀(刈谷市立刈谷南中学校1年)
---------
くっ底にいろんな花の種がたくさんつまっている。横についている丸いセンサーが季節を感じとり花の種を選んで土を選びながら、花の種をまく。
三等賞 操縦者判別機
森田 香里(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
バスジャック・ハイジャックなどの事件が多いので考えた。これにあらかじめ、運転手の指紋をインプイットしてハンドルやレバーにつける。そこに運転手以外の人が触れると、安全にゆっくりブレーキがかかる仕組み。車の盗難なども防げるし、応用すれば店のレジスターや会社のコンピューターなどにも使える。
三等賞 魚 探 知 機
長坂 一平(刈谷市立刈谷南中学校3年)
---------
ルアーの真中に機械をはりつけて海の中に入れると、5m以内に魚がいるか分かる。
三等賞 夢見コピーマシン
粕谷 奈々子(川崎市立住吉中学校1年)
---------
自分の見たい夢をインプッットすると、その夢が見られるマシンで見た夢をマイクロマシンにコピーもできるので友達と夢を交換する事もできるマシンです。
佳作賞 聴視覚障害通信機~ワイドコミニュケーション~
荒木 智美(刈谷市立刈谷南中学校3年)
---------
私は通訳さんなしで聴・視覚障害者の人たちが互いに会話できるようになったらいいなと思ったので考えました。マイクロマシーンをつかっているところはおおまかに2つです。動作認識レンズで手話を言葉としてイヤホンに伝え、音声認識マイクで言葉をスクリーンレンズに文字として伝えるので障害がない人とも普通にはなせます。
佳作賞 ノミ取り双子マシン(犬型)
山田 知慧(川崎市立目吉中学校2年)
---------
2体のロボットが犬猫のノミを取る。家はくびわノミでいっぱいになると青から赤へと色が変わる。赤くなったら、クリーナーにかけてノミを土にしてくびわをくりかえしつかう。
佳作賞 修理救出ロボットムカデ
小谷内 秀規(つくば市立吾妻中学校1年)
---------
仕事は主にせまくて細い管のような所の修理をしたり、土砂やくずれて下じきになった人の救出(発見)です。いろんな必要な物は、ほとんど入っていて、カメラ、レコーダー(録音機)録画機などをそうびしています。
アイデア賞 MUSIC ENJOY MACHINE
新家 理恵子(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
私は音楽が好きです。音楽には、いろいろなカがあると思います。気分を落ちつかせたり、やさしい気持ちにさせてくれます。そこで私は耳の聞えない人でも音楽を楽しんでもらおうと思い、考えました。力強い音や、悲しいそうな音によってマシンの振動がかわり、脳に伝えて、曲を感じることができます。
アイデア賞 Nonハクション~もうマスクなんていらない~
筒井 千帆里(つくば市立吾妻中学校1年)
---------
花粉症の人のためのマシン。眼鏡の鼻パットの部分と鼻パットの部分と鼻の穴にとりつける。目だたないように小さく、そして空気せいじょう気みたいな役割できれいな空気だけをすうことができる。洗う事も可能。「これで私もNonハクション!」
アイデア賞 ケガ予知マシン
立野 絵美(刈谷市立刈谷南中学校3年)
---------
スポーツ障害やケガをすると、治るまでに何ケ月間もかかってしまうので、筋肉をいためる1歩手前で、この機械が知らせてくれ、ケガなどを未然に防ぐことができる。
努力賞 スポットくん
中田 由希(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
ライトの中心の小さな穴に丸いたまがありその丸いたまの中で3つの光が出される。その光で体がすけて中が見れる。1のボタンをおろすとAのように体の中が見える。2のボタンで心臓、肝臓、胃、小腸、横行結腸をとり除いた感じなってAでは見えなかった部分が見える。そしてまだ見れない部分を3のボタンで見ることができ、どこが悪いのか慎重に見ることができ、的確な処置を行うことができる。いっかいですけてみえてしまうとややこしく、わかりにくくなって、まちがった判断をしてしまうかもしれないので3つに分けて見れるようにしてみた。
努力賞 マイクロマシンの夢
小林 那緒(武蔵野市立第一中学校3年)
---------
体内の病原菌を食べてしまうマイクロマシン。

 

一般財団法人マイクロマシンセンター  サイトマップ  センターアクセス  お 問 合 せ 
Copyright © Micromachine Center. All rights reserved.