第8回マイクロマシン絵画コンテスト(2001年) 全入選作品

(敬称略;学校名、学年は当時のもの)
 小 学 生 作 品
最優秀賞 あなたの息はきれいくん
松倉 しほり(つくば市立沼崎小学校6年)
---------
このマシーンが。虫をのみこみ消化します。そして酸素とハーブの香りをまぜ出します。本物とそっくりの鳥で。
 
← 左の絵をクリックすると拡大します。以下同じ。
一等賞 化石発くつ隊、出発!
小西 健太(さいたま市立大宮南小学校6年)
---------
人が発掘できない所をマイクロマシンが細かいところまで発くつしてくれる。発くつした化石は、マイクロ博士が何の化石か調べてくれる。
二等賞 はみがきマシーン
小林 あい(西尾市立西野町小学校5年)
---------
はみがきマシーンは子供たちのむし歯をなくすために細かいすきままできれいにみがいてくれるマシーン。
二等賞 配線工事用ロボット
林 靖高(つくば市立沼崎小学校6年)
---------
小さな配線をつなげたりするロボットです。
三等賞 遺伝子組替ガニ
天野 祐樹(忍野村立忍野小学校6年)
---------
人の体や植物に入りこんで遺伝子を組替る遺伝子性の病気をなおす。
三等賞 超小型センサー&イヤホン
中道 悠介(高砂市立伊保南小学校5年)
---------
超小型センサーをイヤホンが読み取り、その方向を音声で知らす。
三等賞 病木(気)回復マシーン
須関 秀之(さいたま市立大宮南小学校6年)
---------
病気や葉っぱがない木に注射や伐さいをせずに楽に木をしげらせ、病気のときどこかでコントロールしてそこから薬、肥料をセットすると自動でやってくれる。そして自動で水もやってくれる。これで二酸化炭素を吸う量を活発にし、スクリューで自分で動くことができる。
佳作賞 洗ってくれるブラシちゃん
於曽能 美佐(浦安市立美浜北小学校4年)
---------
ブラシちゃんよごれているものを、すぐにして、ピカピカにしてくれる。
佳作賞 健康マシーン
近藤 果里(西尾市立西野町小学校6年)
---------
口に入れてスイッチを押すと、自分の体の栄養のかたよりや病気をおしえてくれる。
佳作賞 マイクロマシンのはいしゃさん
花方 彩(浦安市立美浜北小学校4年)
---------
虫歯を直してくれるマイクロマシン。
アイデア賞 自動レンズ調節コンタクト
中根 麻愛里(西尾市立西野町小学校6年)
---------
レンズの厚さが自動的に変わり近視や遠視の人にとてもべんり。
アイデア賞 空気のよごれを調べる機械
岩瀬 駿斗(つくば市立沼崎小学校5年)
---------
鳥の首の所に小型カメラを付けて鳥がとび回っているときに、人工えいせいをっかい空気のよごれを調べる。
アイデア賞 こん虫型手術マシン
後藤 俊(忍野村立忍野小学校6年)
---------
口から糸を出してぬう。手にあるメスなどで手術する。(注射、はさみ)目にカメラがある。しっぱのチューブで余分な血などをすいとる。
努力賞 こんなところにマイクロマシン!!
峰岸 久美子(忍野村立忍野小学校5年)
---------
丸いのがマイクロマシンです。このマイクロマシンたちがダニなどをとって殺し、人々に害をあたえないようにしています。絵よりもっと上はのみやシミ、シラミなどをとって殺しています。それとかみのけにホコリなどをつけて、ゴミとして上に出しています。せいけつをたもています。家庭でつかえるマイクロマシンです。
努力賞 小さいところしゅうりマシン
阿部 花央里(川越市立霞ヶ関南小学校6年)
---------
どこでも人の手のとどかないところをしゅうりしてくれたり、そうじしてくれたりする。
 中 学 生 作 品
最優秀賞 マイクロ人工透析
田中 かおる(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
人工透析については理科の授業でやったので、その大変さはよくわかります。だから、いちいち人工透析で時間をかけることをしないために、あらかじめ体の中にあり、つねに人工透析ができるといいなと思い、描きました。これで、人工透析をしていても、いろんな事をしていられて時間にゆとりが出るようになります。
一等賞
 たくさんの思い出をしっかりきおくするマイクロマシン
菅原 絵梨香(江東区立深川第三中学校1年)
---------
今までの13年間のできごとをぜ一んぶきおくして忘れないマイクロマシンです。
二等賞 リアルタッチ指輪
鈴木 明目香(刈谷市立刈谷南中学校1年)
---------
この指輪の内側にTVなどに写った物を実さいにさわったようにかんじるマシクロマシーンがついています。これをつけるとTV、インターネット、パソコンの画像に写った物、思い出の写真などを本当にさわったように感じる事ができます。
二等賞 血液の輸血ミス防止マシン
佐藤 清香(刈谷市立刈谷南中学校3年)
---------
血液の輸血をするときに、誤まって、ちがう血液型の人の血を入れないようにするお知らせ装置。管のちょうど真ん中に入っていて、登録した血液型とちがうのが入っていたら、自動的にSTOPして(輸血)、お知らせしてくれます。コンピューターにつなげると、STPサイン。で、マシンにはシャッターがしまります。
三等賞 アリ形ロボット
山岡 知代(岐阜市立加納中学校2年)
---------
どんな小さな傷でもかんたんに直せる。どこがこわれているか、すぐわかるようになっているから、機械に入れておけばかってに直してくれる。口から、その部分(導線とか)と同じような液体状のものを出して口の上の鼻の(自分ではんだんする。)あたりの所から光を出すと液体が固まり、もとどおりになる、足はきゅうばんになっており、すべらず作業ができる。細いドライバーがわりになる手もあり、とてもやくにたつ。(のこぎりのような手もあるので、よぶんものも切ることができる。)
三等賞 人工受粉機
田中 みのり(刈谷市立刈谷南中学校1年)
---------
果実の受粉を手作業でやっているものをテレビで見て知り、こんな機械があるといいなと思ってかいてみました。この機械はつぽのスイッチをおすと、花粉が入った小さな受粉機ができてきてレーダーで花の位置を見つけて、花粉を吹き出して、受粉の手助けをする。
三等賞 花保存マシーン
長坂 奈苗(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
暑い夏は、花がすぐかれてしまうのでこのマシーンを水の中にいれておくと水の温度が一定に保てて、花が長持ちすることができる!!
佳作賞 スーパーコンタクト
深澤 祐磨(江東区立深川第三中学校1年)
---------
目が見えない人でもこのコンタクトをつければ目が見えるようになるすごいコンタクト。
佳作賞 かたこりてんとう虫くん
田島 めぐみ(刈谷市立刈谷南中学校3年)
---------
肩にてんとう虫形のマイクロマシーンをのせると、こっている所のつぼみをみつけ、そこへおしりからでる光センサーや全身のおもさをいっきにかけたりして、自分ではできないところのこりをほぐしてくれる。
佳作賞 置き忘れ防止ペンダント
吉川 惇(江東区立深川第三中学校1年)
---------
かさや荷物などの置き忘れしそうになった時に教えてくれるペンダントです。(ソーラー電池で電気を節約します)
アイデア賞 指先で本が読めるマシン
鬼頭 未沙子(江東区立深川第三中学校1年)
---------
日本語や外国の文章もこのマシンを指にはめてなぞれば、日本語でも読みあげてくれる。目に見えない人も、本が読めるようになる。
アイデア賞 飲酒運転防止機
渡辺 智美(刈谷市立刈谷南中学校1年)
---------
かぎの丸い黒い部分にふれると血中のアルコールの濃度がはかられてその濃度が標準より高ければエンジンがかからない。
アイデア賞 被害報告・探知機
野村 碧(刈谷市立刈谷南中学校2年)
---------
このマイクロマシンをつけた人に身の危険が(誘かい、火事、土砂くずれ、脅かっ等)生じるとマシンが感知し、最も近い警察署に通報してくれる。その人の名前、住所、電話番号、状態を教えてくれる。情報を聞いた警察が探知をかけるとその人が現在いる場所がわかるようになっている。場合によっては消防署や病院にも連絡してくれる。
努力賞 オゾン層修復マシン
藤井 悠(刈谷市立刈谷南中学校1年)
---------
こわされてしまったオゾンをこの小さなマシンたちが直しに行ってくれます。修復がおわったら、地球にもどってきて、燃料を入れなおしてまたオゾンの修復に行く働き者です。
努力賞 ホコリトリマシンほこりとっ太郎
宮岡 知世(川崎市立柿生中学校1年)
---------
ほこりとっ太郎の両側についている、でっぱりが強力な磁石なので、それにすいよせられて、あらゆる小さなホコリもとる。とったホコリはマシンにいる、バクテリアが食べてくれる。おもに集団で行動することが多い。
 

一般財団法人マイクロマシンセンター  サイトマップ  センターアクセス  お 問 合 せ 
Copyright © Micromachine Center. All rights reserved.