6.2道路インフラモニタリング |6.3センサ端末同期用原子時計|6.4産業インフラモニタリング
  
 
 6.センサーネットワークへの期待:センサ端末同期用原子時計
 道路インフラモニタリングシステムをはじめとするセンサ端末群は、ネットワークを介して時刻同期をすることで、データ取得の正確な時間を把握し、かつ、データ転送の効率化を図っています。もし、その時刻同期を不要とすることが出来れば、ネットワークの構築や運用にかかる負担を大幅に低減することができます。そこで、正確な時を刻む原子時計をセンサ端末に搭載可能なサイズや消費電力、価格にすることが出来るかを解析や試作を通して、技術的に検討しています。

 この目標に最も近い位置にあるのは、米国で軍事向けに研究開発された超小型原子時計CSAC(Chip Scale Atomic Clock)ですが、それを持ってしてもセンサネットワークでの時刻同期を不要とするには、更なる消費電力の削減と長期安定度の向上が必須となります。時刻同期の技術は、センサネットワークだけでなく、パソコンやスマホなど、ネットワークに繋がる機器では当たり前に利用されており、実現した時の社会に与えるインパクトは計り知れません。これを実現するために、世界の標準時間を司る高精度な周波数を作り出している産総研を中心に、国内で原子時計の小型化に取り組んできた大学や企業を集結し、その可能性の限界を追求していきます。

 技術・調査研究  産業化推進  国際交流活動  標準化活動  情報サービス活動

財団法人マイクロマシンセンター  サイトマップ  センターアクセス  お 問 合 せ 
Copyright © Micromachine Center. All rights reserved.