MicroNano Monthly

[No.2022-02] 2022年2月7日発行


ニ ュ ー ス 目 次  

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2022 
開催報告(1月26日~ 28日)
MMC創立30周年記念講演会(1月28日)開催報告
IEEE MEMS 2022(1月9日~13日)参加報告
先端技術開発プロジェクトの活動から
 ・SNIF ・BaMBI ・HS-ULPAC
マイクロマシンセンター 賛助会員様へのご案内
 ・賛助会員専用ホームページについて
次回「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2023」の
ご案内(2023年2月1日~3日)
MMC後援、協賛イベント情報  新情報
MEMS協議会海外アフリエート開催のイベント
主要なMEMS関連国際会議
講習会・セミナーのご案内
MEMS技術関連 最新情報  常時最新情報
経済・政策動向のトピックス
 ・(マイクロマシン/MEMS分野関連) 経済報告2月号
  
ニ ュ ー ス 本 文

MEMSセンシング&ネットワークシステム展2022 開催報告(1月26日~ 28日)

 「MEMSセンシング&ネットワークシステム2022展 - IoTシステムの最先端技術展 -」は、コロナ禍の中、nanotech2022など合計13展示会との同時開催展として、東京ビッグサイトでの対面展示とオンライン展示の並行での開催を以下の日程で行いました。

    会期: 2022年1月26日(水)~28日(金)
    場所: 東京ビッグサイト 東2ホールおよび会議棟
        オンライン展示

 会場への来場者はコロナ禍の折、3日間で10,607名でしたが、オンライン展示は2月28日まで継続しておりますので、入場登録はしたものの会場にお越しいただけなかった方は、ぜひオンライン展示をご活用ください。

【オンライン展示】 2021年11月26日(金)  ~ 2022年2月28日(月)
   https://unifiedsearch.jcdbizmatch.jp/nanotech2022/jp/mems/list

開催報告 詳細は以下のブログをご参照下さい。
   http://www.nanomicro.biz/mems/2022/02/post-6c539f.html

MMC創立30周年記念講演会(1月28日)開催報告

 MEMSセンシング&ネットワークシステム展2022の最終日に、MMC創立30周年記念講演会を開催いたしました。
 講演者の方々にはご来臨賜り、会場でのご講演とパネルディスカッションを企画しておりましたが、コロナ禍のため、静岡大学の橋口先生以外は、リモート参加という形での講演会となりました。しかし、会場で聴講されていた、西安交通大の前田龍太郎先生も交えて、熱い議論が行われました。

詳細は以下のブログをご参照下さい。
  http://www.nanomicro.biz/mems/2022/02/post-8170c9.html

IEEE MEMS 2022(1月9日~13日)参加報告

 「IEEE MEMS 2022」 はIEEE主催のMEMS技術に関する年次国際会議で、第35回となる今回は2022年1月9日から13日の5日間にわたり、東京丸の内の東京国際フォーラムでのIn-Person参加とWEBサイトへのVirtual参加からなる本会議史上初のハイブリッド方式により、500名を超える予約参加者を得て開催されました。マイクロマシンセンターはブロンズスポンサーとしてVirtual参加いたしました。

 今回の論文投稿件数は600件(前回518件)で、Virtual開催であった前回より16%程度増加しました。採択された論文数は全体で275件(前回270件)となり、採択率は約46%(前回52%)、その内訳は、口頭発表が74件、ポスター発表が201件となりました。採択論文著者の所属国別件数順位は、やはりアジアが多く、前回に続き中国が73件(前回89件)で首位、日本は57件(前回41件)で第2位と大幅に増加、第3位に米国55件(前回56件)が続きました。前記2ヶ国以外のアジア諸国では、台湾19件、韓国10件、インド6件、等でした。また、欧州では、オランダ10件、イタリア8件、スイス、ドイツ、ベルギーが各5件、等となりました。

 本会議は独創性、新規性を重視するMEMS技術分野における最も権威のある国際学会のひとつとされています。今回の採択論文の技術分野別件数は、多い順から、Physical and Chemical Sensors(81件)、Bio and Medical MEMS(58件)、Optical, RF and Electromagnetics(38件)、Fluidics(28件)、Actuators and Power MEMS(27件)、Emerging Technology(23件)、そのほか(20件)となっており、具体的には、フィードバック制御PZTマイクロミラー、走査型示差熱センサ、3D電子ビーム描画構造、3D微細電極アレイ、容量性触覚センサ、などの優れた発表が行われました。

 次回の「IEEE MEMS 2023」は、2023年1月15日から19日に、ドイツ、ミュンヘンの ”TU münich (ミュンヘン工科大学)” キャンパス内にある ”Science Congress Center Münich” にて開催されます。

先端技術開発プロジェクト の活動から

SNIF/BaMBI/HS-ULPAC 研究会等の開催日程(12月~3月開催分)

  ① 薄膜ナノ増強蛍光による経皮ガス成分の超高感度バイオ計測端末の開発
    (SNIF)
    2021年12月13日(月)SNIF会議(web会議、終了)
    2022年 1月 17日(月)SNIF会議(web会議、終了)
    2022年 2月 14日(月)SNIF会議(web会議)
    2022年 3月 14日(月)SNIF会議(web会議)

  ② 血中成分の非侵襲連続超高感度計測デバイス及び
    行動変容促進システムの研究開発(BaMBI)
    2021年12月17日(金)第9回技術推進研究会(web会議、終了)
    2022年 1月 21日(金)第10回技術推進研究会(web会議、終了)
    2022年 2月 18日(金)第11回技術推進研究会
    2022年 3月 18日(金)第12回技術推進研究会

  ③ 量子干渉効果による小型時計用発振器の高安定化
    の基礎研究(HS-ULPAC)
    2022年 1 月13日(木)第5回研究会(web会議、終了)
    2022年 1 月25日(火) サイトビジット(産総研つくば)(終了)
    2022年 3 月10日(木) 第6回研究会(web会議)

マイクロマシンセンター 賛助会員様へのご案内
    ・賛助会員専用ホームページについて

 MMC賛助会員のページでは、当センター発行の「調査報告書」、「講習会/セミナー配布資料」などの情報(pdf)を随時ご閲覧いただけます。  

閲覧資格: MMC一般賛助会員/MMC特別賛助会員/MMC情報賛助会員
   ※ ログインには、ユーザーID及びパスワードの入力が必要です。

 ■賛助会員のページからのログイン方法:
   (http://www.mmc.or.jp/member_menu/)
    ① [会員ログイン] をクリック
    ② ログイン情報入力後、[OK]をクリック
    ③ [MMC調査報告書データベース] または
      [MMCプレゼン資料] をクリック

■今月の新規アップロードはありません。

 なお、非会員の方は、当センター発行の「調査報告書」の目次のみとなりますが、
以下よりご閲覧頂けます。
 http://mmc.or.jp/research/report/report-list/research_report.html

     

次回「MEMSセンシング&ネットワークシステム展2023」のご案内
   (2023年2月1日~3日)

 今回と同様に東京ビッグサイト東ホールで開催し、2022年1月17日(月)からWEBサイトの「出展オンライン申込」を開始しています。
 申込締切日は2022年9月30日(金)ですが、2022年7月31日(日)までは仮申込が可能で、解約料は発生しません。但し、締切日前でも規定の小間数になり次第受付終了とさせていただきますので、お早めにお申込みください。
 出展のご検討どうぞよろしくお願いいたします。
 
【出展申込URL】https://application.jcdbizmatch.jp/jp/nanotech2023/MEMS
【出展のご案内】https://www.optojapan.jp/mems/ja/pdf/MEMS23_EP_ja.pdf

【開催概要】
    会期:2023年2月1日(水)~ 3日(金)
    場所:東京ビッグサイト 東ホール/会議棟

MMC後援・協賛イベント情報

第32回センサテクノスクール 「センサ・センシングの最新技術を学ぶ」
(その4)【協賛】                新情報
  日程:2022年2月18日 ~ 2022年3月4日
  場所:オンデマンド配信
  主催:(一社)次世代センサ協議会
  https://www.jisedaisensor.org/ts32.html

第5回センサ技術基礎講座(4回シリーズ) 【協賛】
  日程:2022年2月21日 ~ 2022年4月18日
  場所:全科目オンデマンド配信
  主催:(一社)次世代センサ協議会
  https://www.jisedaisensor.org/SN05.html

2022国際ロボット展 【協賛】 
  日程:2022年3月9日 ~ 2022年3月12日
  場所:東京ビッグサイト 東1~8ホール/西3・4ホール
  主催:(一社)日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
  https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

第60回センサ&アクチュエータ技術シンポジウム
 「最新のロボット技術動向」【協賛】       新情報
  日程:2022年3月10日 オンライン開催
  日程:2022年3月14日 ~ 3月28日 オンデマンド配信
  主催:(一社)次世代センサ協議会
  https://www.jisedaisensor.org/SY60.html

ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 【後援】 
 (ROBOMECH2022 in Sapporo)
  日程:2022年6月1日 ~ 2022年6月4日
  場所:SORA 札幌コンベンションセンター
  主催:(一社)日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門
  https://robomech.org/2022/

 MEMS協議会 海外アフィリエート 開催イベント

◆ スペインカタルーニャ州政府貿易投資事務所 関連イベント
  IoT SOLUTIONS WORLD CONGRESS  
    https://www.iotsworldcongress.com/
    May 10-12, 2022
    Barcelona-Gran Via Venue

◆ ドイツFraunhofer ENAS関連イベント
  Smart Systems Integration 2022  
    https://smartsystemsintegration.com/
    April 26-28, 2022
    Grenoble (France)

 主要な MEMS関連 国際会議

Sensors Global Summit 2022
  (Enablig Smart Devices for Future of Healthcare)
  日程:2022年3月2日 ~ 3月3日
  場所:La Jolla, CA, USA
  https://www.sensorsglobalsummit.com/

講習会・セミナーのご案内

◆ MEMSパークコンソーシアム からのお知らせ
 基礎講座:
 東北大学のインターネットスクール(ISTU)を活用し、e-learningによりMEMS開発に必要な企画、設計、試作、評価にかかる基礎知識を習得することができる講座です。
 受講料:無料 申込:随時
 MEMS集中講義: 
 MEMS技術の基礎的知識から各種分野のアプリケーションの応用展開まで、様々な角度からMEMS技術を収集できます。
 試作実習:
 受講生に課題(試作を希望するMEMSデバイス)を持ち込んでいただき、4インチのプロセスラインを利用してマンツーマンに近い指導で装置の原理・使い方・プロセスのノウハウを学習し、「設計→試作→評価→発表」に取り組むことにより、MEMS開発者として必要な技術を体系的に習得していただきます。

問い合わせはMEMSパークコンソーシアム事務局までお願いします。
    http://www.memspc.jp/person/kiso.html


MEMS関連最新情報

調査会社 Yole Developpement社からの情報:

(1)発行ニュースメール「i-Micronews」  常時最新情報
  以下URLから、MEMS関連最新情報をご閲覧ください。
  https://www.i-micronews.com/articles/

(2)「Status of the MEMS Industry」の2021版 報告書 
  https://www.i-micronews.com/products/status-of-the-mems-industry-2021/


《経済・政策動向のトピック》
 マイクロマシン/MEMS分野を取り巻く経済・政策動向のトピックを、いろいろな観点からとらえて「マイクロマシン/MEMS分野関連 経済報告」として発信しています。
 業務の参考として頂ければ幸いです。

今月号リンク:
 【マイクロマシン/MEMS分野関連】経済報告 2022年2月号(pdf)
    http://mmc.or.jp/info/monthly/economic_report/2022_02.pdf



■新型コロナウイルス感染症対策について
 当センターは、新型コロナウイルス感染症対策として、「三密回避」、「マスクの着用」、「手洗い・手指消毒」、「換気」等の基本的な感染対策や時差通勤を実施しつつ、事業に取り組んでおります。
 関係者の皆様におかれましては、ご不便をお掛けすることもございますが、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

■令和3年度 「ウォームビズ」実施中
 MMC・NMEMSでは、環境省の呼びかけに応じて、今年度も11月1日から3月31日まで、「ウォームビズ」を実施します。
 地球温暖化対策のため、室温20℃を目安に、様々な工夫をして冬を快適に過ごす「ビジネススタイル・ライフスタイル」の定着に務めてまいります。
期間中、当方へは室温20℃でも快適に過ごせる服装でお出で下さい。
  皆様方のご協力をお願いします。         
    環境省HP: https://www.env.go.jp/press/110136.html
           https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/about/

 










 
       

一般財団法人マイクロマシンセンター  NMEMS技術研究機構
Copyright (c) Micromachine Center. All rights reserved.